1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 鎌倉の課題(2)くすぶるごみ処理計画 住民協議も平行線

鎌倉市長選
鎌倉の課題(2)くすぶるごみ処理計画 住民協議も平行線

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年10月9日(土) 05:00

 鎌倉市長選は10日告示、17日投開票される。争点は3期12年の松尾市政への評価だ。現状や課題を考える。


鎌倉市が新たに整備する生ごみ資源化施設の「候補地」としている今泉クリーンセンター=鎌倉市今泉

 松尾崇氏(48)の市政3期12年で重要課題としてくすぶり続けているのが、ごみ処理問題だ。

 昨年8月には逗子市、葉山町とともにごみを減量資源化してゼロに近づけ環境負荷を減らす2029年度までの広域処理計画をまとめた。

「なぜまた今泉」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鎌倉市長選・鎌倉市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング