1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 衝撃の出馬、異例の自民分裂 カジノが自分たちの首を絞めた

横浜市長選
衝撃の出馬、異例の自民分裂 カジノが自分たちの首を絞めた

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年8月25日(水) 05:00

 22日投開票の横浜市長選で元横浜市立大教授の山中竹春氏が初当選を果たした。過去最多8人が出馬した選挙戦での各陣営の戦いぶりや市政課題を検証する。


聴衆と「腕タッチ」であいさつする林氏=20日、上大岡駅前

 「私は高齢、多選、健康不安。だから推薦できないと自民党から言われました。でも私、元気ですよね」

 横浜市長選最終日。横浜駅西口でマイクを握った現職の林文子(75)の口から飛び出したのは、これまで自分を支えてきた自民党への“恨み節”だった。

 さかのぼること2カ月半前。自民党横浜市連は高齢や多選などを理由に、林に支援しない方針を伝えた。

首相の電話、怒る経済界

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市長選・横浜市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング