1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. コロナ対策は?IR誘致は?混戦の横浜市長選、22日投開票

横浜市長選
コロナ対策は?IR誘致は?混戦の横浜市長選、22日投開票

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年8月21日(土) 07:00

横浜市長選に出馬した8候補。左上から下段に太田氏、田中氏、小此木氏、坪倉氏、福田氏、山中氏、林氏、松沢氏=いずれも8日、横浜市内

 任期満了に伴う横浜市長選は22日、投開票される。

 現職と新人合わせて過去最多の8人が立候補する混戦で、新型コロナウイルス感染症対策や横浜港・山下ふ頭へのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非などが大きな争点。緊急事態宣言下での選挙戦となっており、投票率の行方も注目される。

 出馬しているのは、いずれも無所属で届け出順に元市議の太田正孝氏(75)、元長野県知事で作家の田中康夫氏(65)、前国家公安委員長で元衆院議員の小此木八郎氏(56)、水産仲卸業社長の坪倉良和氏(70)、元衆院議員の福田峰之氏(57)、元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)=立憲民主推薦、現職の林文子氏(75)、前神奈川県知事で元参院議員の松沢成文氏(63)の8人。

 IR誘致を巡っては、福田と林の2氏が賛成の意向を表明しており、ほか6氏は反対の立場としている。

 太田氏は長年の市議経験を踏まえた行財政改革を、田中氏は長野県知事時代の実績をもとに福祉施策の充実を街頭でアピール。地元選出の菅義偉首相が支持する小此木氏は多くの自公議員から支援を受け、国との連携の必要性を強調。脱炭素社会の実現を訴える。

 山下ふ頭への「食の拠点」構想を持つ坪倉氏と、「デジタル都市」の推進を目指す福田氏は、インターネットを活用した選挙戦をそれぞれ展開。データに基づくコロナ対策などを訴える山中氏は、IRに反対する「野党統一候補」として政党や市民団体の支援を受け、反対票の受け皿を狙う。

 一部の自民党市議などから支援を受ける林氏は、3期12年の実績をアピールするとともに、財源としてのIR誘致の必要性を強調。前知事、国会議員など豊富な政治経験を持つ松沢氏は、山下ふ頭の「英語テーマパーク」構想を掲げている。(横浜市長選取材班)

横浜市長選・横浜市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング