1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. コロナにお盆、人影まばら… 政策浸透に苦慮する候補者

横浜市長選
コロナにお盆、人影まばら… 政策浸透に苦慮する候補者

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年8月15日(日) 06:45

駅利用者らに支持を呼び掛ける候補者=JR東戸塚駅(写真の一部を修整しています)

 22日の投開票に向けて舌戦が続いている横浜市長選はお盆期間に入り、折り返しを迎えた。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下ということもあって人影もまばらな街中で、各候補者は有権者に政策を届けようと、市内各地でマイクを握った。

 「お盆、緊急事態宣言、雨。トリプルパンチで人が少ないね」。

 14日午前7時の相鉄線二俣川駅前(同市旭区)。通り掛かる人にあいさつしていた候補者は、小さくため息をついた。

「避けてもらいたかった」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜市長選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング