1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 【候補者の横顔】林文子氏(75) 逆境にも衰えぬ意欲

横浜市長選
【候補者の横顔】林文子氏(75) 逆境にも衰えぬ意欲

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年8月12日(木) 05:25

林 文子氏

 母親は夜勤の仕事でいつも家におらず、父親は小学5年の時に家出した。「質屋に通い、今なら貧困という言い方をするような生活。でも負い目とか嫌だとは思っていない。楽しかった」。近所でもやんちゃで有名だったという子ども時代を振り返り、懐かしむように笑顔を見せた。

 奨学金を得て高校を卒業し、就職。7度の転職を経て、31歳の時に車のセールスの世界に飛び込んだ。持ち前の負けん気でトップセールスを記録。経営者から市長に転身して12年目を迎えた。

 推進しているカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に対する市民からの風当たりは強く、自身へのリコール運動も行われた。「どんな困難な状況でも高い壁を乗り越え、明るく仕事をしようと思ってきた」と前を向き、市政に対する意欲は衰えない。

 毎朝続けているウオーキングが健康維持の秘訣(ひけつ)。分刻みという激務の息抜きは、公舎で飼っている6歳の愛猫「ポポ」との触れ合いという。

 趣味はカメラ撮影と大好きな車でのドライブ。「新しいカメラを見ると、すぐに欲しくなり、夫に内緒で買ってしまう」と笑う。

横浜市長選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング