1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 緊急事態宣言下の選挙戦 感染防止とアピールの両立に苦心

横浜市長選
緊急事態宣言下の選挙戦 感染防止とアピールの両立に苦心

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年8月9日(月) 22:43

感染防止のため「グータッチ」であいさつをする横浜市長選の候補者(画像の一部を修整しています)=8日、横浜市鶴見区

 22日投開票の横浜市長選は、新型コロナウイルスの感染拡大により、緊急事態宣言下での選挙となった。

 各陣営は感染防止に向けてマスクの着用や消毒の徹底に加え、大規模な集会や有権者との握手を自粛し、会員制交流サイト(SNS)で政策を訴えるなど、知恵を絞った選挙戦を展開している。

 「接触は避けたいが、ふれ合いは大切にしたい」

グータッチに腕タッチ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜市長選・横浜市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング