1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 自民分裂、立民「統一」難航… 横浜市長選、水面下も混迷

横浜市長選
自民分裂、立民「統一」難航… 横浜市長選、水面下も混迷

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年7月17日(土) 21:20

横浜市庁舎

 任期満了に伴う横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)を巡り、9人が名乗りを上げた。

 現職の林文子市長(75)が立候補を表明したことで「戦いの構図」はほぼ固まったと見られるが、過去最多の6人を大幅に上回る乱立状態に、混戦は必至だ。

 自民党横浜市連は「自主投票」を選択したことで“分裂選挙”が避けられない見通しとなる一方、立憲民主党は「野党統一候補」に向けた調整が難航するなど、各政党内でも混迷の度合いを深めている。

「干されるのを覚悟」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市長選・横浜市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング