1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 自民神奈川県連 三原、中西氏を公認申請へ 22年の参院選

自民神奈川県連 三原、中西氏を公認申請へ 22年の参院選

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年6月5日(土) 23:06

三原じゅん子氏

 自民党神奈川県連(小此木八郎会長)は5日、総務会を開き、来夏の参院選神奈川選挙区(改選定数4)の党公認候補として、いずれも現職の三原じゅん子氏(56)=当選2回=と中西健治氏(57)=同=を擁立する方針を決めた。

 党本部に公認申請し、近く正式決定される見通し。

 同党は今夏にも参院選の第1次公認候補を決定する意向で、党本部が5月に各都道府県連に対し、6月末までに申請するよう求めていた。

 これを受け、県連は両氏に意向を確認したという。

中西健治氏

 神奈川選挙区は2013年の参院選から改選定数が3から4に増えたが、自民が公認候補を2人擁立するのは1998年の参院選以来となる。

 2016年参院選では三原氏を公認し、推薦していた無所属の中西氏を当選後に追加公認した。

 総務会後、県連の土井隆典幹事長は記者団の取材に「いずれも自民党としての活動実績を積み上げてきており、2人擁立に異論はなかった。(公明党を含め)与党が3人というのはきつい選挙になる」と述べた。(佐々木 航哉)

自民党県連の総務会後に記者会見する土井隆典幹事長=横浜市中区

参院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング