1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 衆院任期残り半年(上) 自公協力、象徴区に波紋

衆院任期残り半年(上) 自公協力、象徴区に波紋

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年4月21日(水) 05:00

 衆院議員の任期満了(10月21日)まで残り半年となった。

 神奈川県内18小選挙区では50人近くが立候補を準備。各政党や候補予定者は半年以内に必ず行われる総選挙に備え、臨戦態勢を整えている。その現状を追った。(衆院選取材班)


 昨秋就任した首相・菅義偉(衆院2区)の「お膝元」として与党は次期衆院選に向け県内18小選挙区の候補予定者を固め、盤石の体制を築くはずだった。

 あの問題が起きるまでは─。

25年ぶりの公認候補

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング