1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 古都・鎌倉、春の陣 市議選スタート

古都・鎌倉、春の陣 市議選スタート

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年4月19日(月) 05:00

コロナ禍で密を避けながら政策を訴える候補者=鎌倉駅東口(画像を一部修整しています)

 古都の今後の姿を方向づける選挙戦がスタートした。鎌倉市議選は18日告示され、定数26に対し39人が立候補する混戦模様となった。新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われ、対策を講じながら街頭へと繰り出した各候補。市役所移転、新駅整備と一体的なまちづくり、コロナ対策─。重要課題が山積する中、25日の投開票へ向け7日間の論戦が繰り広げられる。

 同市議選の告示日は例年、恒例行事の鎌倉まつり開催と重なり、観光客でごった返す中での幕開けとなるが、今回はコロナ禍で一変。行事の大幅縮小に伴って例年のにぎわいは見られず、従来とは様相が異なる選挙戦初日となった。

 出陣式を開いた候補は消毒やマスク着用を徹底し、支持者との握手を「グータッチや肘でのタッチに変更した」と話す候補も。新人候補は「自転車で細かく地域を回り、政策チラシを配るなど支持を呼び掛けたい」と意気込んだ。

コロナ対策、市役所移転…処方箋は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

鎌倉市長選・鎌倉市議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング