1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 銀座クラブ問題 自民・衆院1、6区候補者選定に苦慮

銀座クラブ問題 自民・衆院1、6区候補者選定に苦慮

選挙 | 神奈川新聞 | 2021年2月21日(日) 05:00

自民県連の総務会であいさつする小此木会長(左)=13日、横浜市中区

 10月21日の衆院議員の任期満了まで残り8カ月。緊急事態宣言下の深夜に県内の与党議員2人が東京・銀座のクラブを訪れていた問題が県政界を揺るがしている。有権者らから厳しい視線が注がれる中、早くから次期衆院選の候補予定者を固めていた自民党は、2人が絡む1区と6区の対応に頭を悩ませている。

一連の不祥事を陳謝

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

衆院選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング