1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 選挙
  5. 箱根町長に勝俣氏、新人一騎打ち制す 投票率が急増

箱根町長に勝俣氏、新人一騎打ち制す 投票率が急増

選挙 | 神奈川新聞 | 2020年10月25日(日) 21:51

初当選の一報を受け、山口昇士町長(左)と喜び合う勝俣氏=25日午後10時55分ごろ、箱根町宮城野の事務所

 任期満了に伴う箱根町長選は25日投開票され、新人で元副町長の勝俣浩行氏(66)が、新人で飲食店経営の田村洋一氏(55)を破り、初当選を果たした。20年ぶりの新人同士の争いは、195票差の接戦となった。有権者の関心が高まり、投票率は63.46%と前回を27.64ポイントも上回った。

 町では副町長(旧助役)が町長に就任するケースが56年間続いており、引き続き行政出身者が町政のかじ取り役を担うことになった。

 新型コロナウイルスで打撃を受けた町内の観光業の振興に加え、少子化対策や町財政改革、防災力強化が争点となった。

 現職の山口昇士町長の後継指名を受けた勝俣氏は「町民の生活あっての観光」と強調。行政経験を踏まえ、子育て支援や医療、福祉の充実を掲げた。行財政改革で持続可能なまちづくりを進めるとし、高齢者や女性を中心に支持を集めた。

 民間力を生かし「官民の連携強化を」と訴えた田村氏は若い世代の支持を集めたが、わずかに及ばなかった。

 当日有権者数は9653人(男4617人、女5036人)。

勝俣 浩行氏の横顔 専修大を卒業し、1978年に町役場に入庁。学校教育課長や総務部長などを経て、2014年から副町長を務めた。地元では伝統の「宮城野囃子(ばやし)」を30年余り、小学生に教えている。3人の子どもを育てた経験を通じ、教育支援に心を砕く。妻、次男と3人暮らし。

箱根町長選・箱根町議選に関するその他のニュース

選挙に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

政治・行政に関するその他のニュース

アクセスランキング