他にはない神奈川のニュースを!神奈川新聞 カナロコ

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 鎌倉市、不登校特例校開設へ 25年、神奈川公立で2校目

鎌倉市予算案
鎌倉市、不登校特例校開設へ 25年、神奈川公立で2校目

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2023年1月30日(月) 21:27

予算案について説明する松尾市長=鎌倉市役所

 増加傾向にある不登校の生徒を支援しようと、鎌倉市は2025年4月に不登校特例校の開設を目指す。市内の中学生を対象としたもので、県内の公立校では昨年4月に開設された大和市に続く2校目となる見込みだ。

 特例校の候補地は由比ガ浜こどもセンター近くで、1学年10人、3学年で計30人程度の利用を見込む。

 30日に発表した23年度当初予算案に関連事業費として2カ年で行う埋蔵文化財の発掘調査費用約1億2千万円を計上した。

 市教育委員会によると、21年度の不登校児童・生徒は計287人で、13年度の104人から約2・8倍になっており、「公立中学1校に19人、小学校1校に7人程度がいる計算」(市教委)という。

学校復帰を目的とせず

 
 

予算案に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング