1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 社民・福島氏「同性婚法制化見送りは違憲」 法相と論戦

社民・福島氏「同性婚法制化見送りは違憲」 法相と論戦

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年11月1日(火) 19:30

福島瑞穂氏(資料写真)

 社民党の福島瑞穂党首(参院比例、県連合代表)は東京都が1日から「パートナーシップ宣誓制度」の運用を始めたことを受け、同日の参院法務委員会で「同性婚の法制化を見送ることは憲法違反だ」と政府の見解をただした。葉梨康弘法相は「違憲ではない」と反論した。

 東京の制度は性的マイノリティーのカップルを都として認める。必要書類を提出すれば都が受理証明書を発行。親族であることが条件の都営住宅への入居が可能となり、子どもの名前を証明書に記載することなどもできるという。

 福島氏は「婚姻制度とは違い配偶者控除など税制上の優遇措置がない」などと課題を指摘。同性婚を認めないのを「違憲」とした札幌地裁判決を挙げ「判例もあり、現状は法の下の平等に反している。自治体任せではなく国として責任を果たしてほしい」と法制化への着手を求めた。

 これに対し、葉梨法相は「(札幌地裁の判断は)確定判決ではない。法の下の平等に反してるとは言えない」と反論。「性的マイノリティーに対してのみならず全ての差別は許されない」としつつ、法制化については「さまざま意見がある」として明言を避けた。(有吉 敏)

社民党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング