1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 公明「ハンサム」県議との別れ:国会点描 かながわの風

特別編集委員・有吉 敏
公明「ハンサム」県議との別れ:国会点描 かながわの風

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年10月24日(月) 05:00

 公明党元県議の益田駿氏が亡くなった。小泉純一郎氏を首相へと押し上げた自民党元県議の梅沢健治氏(昨年4月11日死去)と渡り合う県政界の重鎮だった。公明が応援し、ほどなく解散した新進党を巡る取材が思い出される。

 新進は1996年10月の総選挙を消費税増税反対で戦い、敗れた。政権を握る自民は増税を前提に97年度の国家予算を組み、地方自治体もその作業に従う。市町村の予算案を突っぱねるか否かが新進、公明両党の難題となった。

 党本部レベルで方針が定まらない中、「増税前提予算案であっても自治体との協議に応じよ」と宣言したのが…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

公明党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング