1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜M、人工芝の破片を練習用具に マーカーコーン製作

横浜M、人工芝の破片を練習用具に マーカーコーン製作

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年10月17日(月) 13:40

 海洋プラスチックごみを減らそうと、F・マリノススポーツクラブとホームタウンの横須賀市などは6日、人工芝の破片を練習用具に再生する取り組みを始めると発表した。市によると全国的にも珍しく、同市佐原のサッカー場「横須賀リーフスタジアム」で利用者が拾い集めた破片を再資源化した原料でマーカーコーンを製作する。

 劣化した人工芝から発生する破片のプラごみは…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ごみに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング