1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 真鶴名簿不正 「町政混乱している」8割超 調査で町職員

真鶴名簿不正 「町政混乱している」8割超 調査で町職員

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年10月14日(金) 20:00

選挙人名簿コピーの持ち出しを認め謝罪する松本氏=真鶴町内(2021年10月26日撮影)

 真鶴町の松本一彦町長による名簿不正使用問題を巡り、町職員の8割超が「町政が混乱している」と受け止めていることが、町が実施したアンケート調査で分かった。町では問題発覚後、松本町長への不信感を募らせたベテランや中堅ら約1割の職員が退職して人員不足が深刻化する事態に陥っている。問題解決の兆しが見えない中で職員からは「負の連鎖が続いている」などの悲鳴が上がり、「町長は辞職すべき」との声も目立っている。

 アンケートは、職員の離職が相次いでいることから町議の提案で9月下旬に実施され、参事級職員と教育長が取りまとめた。出向職員らを除く87人中86人が無記名で回答、その結果が10月14日の町議会全員協議会で公表された。

 「現在の町政は混乱していると思うか」の設問に対し、「混乱している」72人(約83%)、「どちらとも言えない」11人(約12%)で、「混乱していない」は3人(約3%)だった。

町長に強い不信感、辞職求める声多数

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

真鶴町長選・真鶴町議選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング