1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 菅前首相 統一地方選で「具体的な成果出す」 一問一答

菅前首相 統一地方選で「具体的な成果出す」 一問一答

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年10月8日(土) 22:20

インタビューに答える菅義偉前首相=3日、国会内

 菅義偉前首相(衆院神奈川2区)は臨時国会の開会を受けて神奈川新聞社のインタビューに応じ、来年春の統一地方選に向けて「住民に一番身近なのは地方議員。2027年に横浜市で開かれる国際園芸博覧会(花博)を控えている中で国会議員とも連携し、具体的な結果を出していきたい」と語り、自民党のさらなる党勢拡大を目指す考えを示した。(聞き手・有吉敏、三木崇)

 ─発足1年を迎えた岸田内閣をどう見ているか。

 「ウクライナ情勢を受けてエネルギーコストの増加に伴う燃料の高騰、食料などの物価高と極めて厳しい状況。こうした対策を着実に進めることが大事」

 「一方で、円安の流れはしばらく続くとの見通しがある。例えば昨年の農林水産物・食品の輸出額は1兆2千億円を超え、今年に入ってからも伸びている。円安のメリットを生かした政策に力を入れるべきだ」

 ─右肩上がりの成長を遂げていたインバウンド(訪日客)復活のためにも、新型コロナウイルス対策の水際措置の緩和が焦点になる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング