1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市の「レシ活」12月末まで延長 物価高で市民ら支援

横浜市の「レシ活」12月末まで延長 物価高で市民ら支援

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年10月5日(水) 22:50

スマホでレシートを撮影して参加する「レシ活チャレンジ」

 食料品などを購入したレシートを活用し、利用額の最大20%をポイント還元する横浜市の「レシ活VALUE」の実施期間が、12月末まで延長されることになった。長期化する物価高騰などで市内経済への影響が見込まれるため、市民や市内事業者を支援する狙い。

 同事業は、市内居住者が市内の店舗で食料品や日用品、ガソリンなどを購入したレシートをスマートフォンの専用アプリで投稿したり、郵送申請すると利用額の最大20%のポイント還元が受けられるもの。還元上限額は1人3万円。

新たに11億5千万円

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング