1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 米海軍横須賀基地排水の有害フッ素、目標値171倍超検出

米海軍横須賀基地排水の有害フッ素、目標値171倍超検出

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年9月30日(金) 22:39

国の担当者から説明を受ける上地克明市長(右端)=横須賀市役所

 米海軍横須賀基地(横須賀市)排水処理場の排水から人体に有害な有機フッ素化合物「PFOS」「PFOA」が検出された問題で、横須賀市は30日、米軍の3度目の検査で日本の暫定目標値の171倍という高濃度の有機フッ素化合物が検出されたと発表した。原因は特定されておらず、上地克明市長は、米軍の排水の即時停止と国による立ち入り検査実施を求めた。

 米軍が8月29日に行った調査結果を国が市に報告した。生活排水の排水口から1リットル当たり8592ナノグラム(PFOS・PFOAの合算値)が検出され、環境省が飲料水に定める暫定目標値の同50ナノグラムを大きく上回った。産業排水の排水口からは同5450ナノグラム(同)が検出され、同109倍となった。

「怒り禁じ得ない。信用できない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

米海軍横須賀基地に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング