1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜港の外内貿前年同期比3・0%増 22年上半期

横浜港の外内貿前年同期比3・0%増 22年上半期

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年9月30日(金) 20:41

横浜港

 横浜市が29日発表した2022年上半期(1~6月)の横浜港統計速報によると、外内貿を合わせた総取扱貨物量は5337万トンで前年同期比3・0%増となった。コンテナ貨物量も2077万トンで2・1%増となり、コロナ禍前の水準に戻りつつある。

 特に内貿は、コンテナ貨物量が31・6%増の146万トンと好調。国際コンテナ戦略港湾の推進に向けた取り組みである、国内各港を結ぶ内航コンテナ船による国際フィーダー航路の強化策が奏功し、コロナ禍前を上回った。

 輸出入の外貿コンテナは0・4%増の1930万トン。内訳を見ると、輸出は2・7%減の760万トン、輸入は2・6%増の1170万トンだった。

 主要国別のコンテナ貨物をみると、中国が輸出の2割強、輸入の3割強を占めてともに第1位だが、輸出は7・8%減の160万トン。上海のロックダウンなどが響いた。

 主要品種別のコンテナ貨物は、輸出は自動車部品が5・2%増の220万トン、輸入は製造食品が0・7%減の102万トンで、それぞれトップだった。(吉田 太一)

横浜港に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング