1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県民ホール老朽化 黒岩知事「専門家らの意見聴く」

神奈川県民ホール老朽化 黒岩知事「専門家らの意見聴く」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年9月13日(火) 05:00

神奈川県民ホール(資料写真)

 神奈川県議会第3回定例会は12日、本会議を開き、自民党の新井絹世(横浜市磯子区)、立憲民主党・民権クラブの青山圭一(川崎市多摩区)の両氏が代表質問を行った。

 新井氏は、1975年1月の開館から半世紀近くが経過した県立県民ホール(横浜市中区)の在り方について質問。黒岩祐治知事は「施設全般で老朽化が進み、バリアフリーへの対応でも県民の期待に応えられていない面がある。デジタル技術を活用した演出の多様化への対応も求められる」と課題を挙げた。

 その上で「求められる機能や施設の整備・運営について、文化芸術に関わる各分野の専門家や事業者の意見を聴くとともに、県民や利用者へのアンケートを行い、より良い在り方を幅広く検討していく」と答弁した。

神奈川県議会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング