1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 三浦市の21年宿泊観光客は低調、コロナ前の3割未満

新型コロナ
三浦市の21年宿泊観光客は低調、コロナ前の3割未満

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年8月13日(土) 05:10

 2021年に三浦市で宿泊した観光客は前年よりも26%減少したことが9日、県の調査で分かった。新型コロナウイルス感染拡大前の19年に比べ75%も落ち込んだ。日帰り客はコロナ前の26%減にとどまっており、消費額が多い宿泊客の回復が課題となっている。(佐藤 浩幸)

 県の調査によると、21年に三浦市を訪れた観光客は420万8千人(日帰り客405万9千人、宿泊客14万9千人)。前年比4・7%増と伸び、新型コロナ前(19年)の7割近くまで戻った。

 このうち、宿泊客は低調なままで、19年(60万2千人)の3割にも達していない。観光客全体の消費額も19年より約60億円少ない71億5367万円だった。

マリンパーク閉館の影響は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

観光客数に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング