1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 三浦市立小の統廃合でアンケート 保護者が反対する理由

三浦市立小の統廃合でアンケート 保護者が反対する理由

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年8月1日(月) 05:10

 三浦市内の小学校を8校から3校に統廃合することなどを盛り込んだ「市学校教育ビジョン」関連の保護者向けアンケートの結果が、このほど明らかになった。単学級か複数学級を望む保護者が7割以上を占めたが、統合することによる登下校の安全面への不安も根強かった。

 速報値によると、望ましい教育を達成するために必要な学級数は「1学年1~2学級」(33%)が最も多く、「全学年複数学級」(24%)、「1学年複数学級が良いが、統廃合には反対」(17%)と続いた。

 一方、1学級のみや、異なる学年で編成される複式学級でも良いと回答したのは計23%だった。現状では、初声小を除く統合対象7校のうち6校が単学級のみとなっていて、一部の学校は数年以内に複式学級となる可能性がある。

反対理由で多かった回答は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

統廃合に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング