1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 交通死亡事故抑止へ「警報」 ワースト1位で県が新制度

交通死亡事故抑止へ「警報」 ワースト1位で県が新制度

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年7月6日(水) 22:00

神奈川県庁

 神奈川県は11日から、県内で一定期間に交通死亡事故が集中した際に「交通死亡事故多発警報」を出し、注意を呼び掛ける取り組みをスタートする。昨年の交通事故死者数は全国ワースト(142人)で抑止のための啓発を強化する。

 警報は主に7日間で7件以上の交通死亡事故が発生した際に出し、県警や教育委員会、道路管理者、交通関係団体などと連携し、周知や見守り活動などに一層取り組んでもらう。黒岩祐治知事は6日の定例会見で「交通死亡事故の増加の兆候を捉え、機動的に啓発を強化し、交通事故のない安全で安心して暮らせる社会を目指す」と述べた。

 県は県交通安全計画に掲げた目標で、年間の死者数を「130人以下」としている。(山本 昭子)

交通事故に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング