1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 相模原市立小中学校で教員不足 前年比4人増の11人

相模原市立小中学校で教員不足 前年比4人増の11人

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年6月23日(木) 21:30

相模原市役所

 全国の公立学校で深刻な教員不足が問題となっている中、相模原市教育委員会は5月1日時点で市立小中学校計10校で11人(前年同期比4人増)の教員が不足していたことを開会中の相模原市議会で明らかにした。

 市教委教職員人事課によると、同日時点で小学校(義務教育学校含む)71校中15校で16人、中学校(同)36校中4校で6人の欠員が発生。このうち、小学校7校で8人、中学校2校で3人の非常勤講師を任用して代替授業を受け持っているが、欠員解消には至っていないという。

 昨年度も5月1日時点で小学校10校で10人、中学校4校で4人の欠員が出たため、小学校4校で4人、中学校3校で3人の非常勤講師を充てたが、本年度はより厳しい状況という。

教育長の答弁と問題の根底にあるもの

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

教育委員会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング