1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 侮辱罪厳罰化法案は「世界の潮流に逆行」 立民・真山氏

侮辱罪厳罰化法案は「世界の潮流に逆行」 立民・真山氏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月21日(土) 06:20

 立憲民主党の真山勇一氏(参院神奈川選挙区)は20日の参院本会議で、侮辱罪を厳罰化する刑法改正案を巡り、「言論の自由が大幅に制限されかねない」などと政府の姿勢を批判した。

 改正案はこの日の本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入り。侮辱罪の現行の法定刑は拘留か科料にとどまるが、1年以下の懲役と禁錮、30万円以下の罰金を追加。深刻化するインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷に歯止めをかけるのが狙い。

 真山氏は、テレビ局の記者として海外で取材を重ねた経験から…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

立憲民主党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング