1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市立中給食「全員」→「より多く」市長発言変化で攻防

横浜市立中給食「全員」→「より多く」市長発言変化で攻防

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月21日(土) 05:20

 「全員」か、「より多く」か─。横浜市の山中竹春市長が市長選で公約に掲げた市立中学校の「全員給食」を巡り、20日に開かれた市会第2回定例会の一般質問で、山中市長が答弁を厳しく迫られる場面があった。

 全員給食の実施には、校内で調理する「自校方式」や近隣小学校で調理する「親子方式」、給食センターで複数校分を調理する「センター方式」などが考えられる。ただ、市が4月に公表した検証結果(中間報告)では「自校方式」と「親子方式」は7割超の学校で「実施困難」とされた。

 「市長は公約で『全員』で食べる給食と言っていたのに…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

中学給食に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング