1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 来春の神奈川県議選 強制合区へ2増2減の条例改正案可決

県議選
来春の神奈川県議選 強制合区へ2増2減の条例改正案可決

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月20日(金) 22:40

神奈川県議会

 神奈川県議会は20日の本会議で、総定数105を維持した上で、公選法に基づく強制合区を行うなど、選挙区定数を「2増2減」とする議員定数条例改正案を賛成多数で可決した。来春の県議選から施行する。

 改正案は自民、立民、公明、民主、県政の5会派で議員提案し、即日採決した。共産は反対した。

 改正条例では、強制合区の対象となった愛川町・清川村、足柄下、三浦市(いずれも定数1)の3選挙区の取り扱いなどを規定。愛川町・清川村は厚木市(同3)と強制合区し、「厚木市・愛川町・清川村」(同3)を設置する。足柄下は、南足柄市・足柄上(同1)を分区して「南足柄市・足柄下」(同1)と「足柄上」(同1)をそれぞれ設置する。三浦市は公選法の「特例選挙区」としてそのまま残す。

 また、直近の国勢調査に基づく人口変動を反映し、海老名市(同1)と横浜市青葉区(同3)をそれぞれ1増、横須賀市(同5)を1減とする。

昨年7月から検討委で協議

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

神奈川県議選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング