1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. モデルナ製ワクチン、迫る大量廃棄 悩む神奈川の自治体

新型コロナ
モデルナ製ワクチン、迫る大量廃棄 悩む神奈川の自治体

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月19日(木) 05:50

 新型コロナウイルスを巡り、神奈川県内の自治体が近く有効期限を迎えるモデルナ社製ワクチンの「在庫」の扱いに頭を悩ませている。若年層の3回目接種が伸び悩む中、ファイザー社製に比べて希望者が少なく、期限までに接種が追いつかない状況で、大量廃棄を余儀なくされそうだ。

 小田原市は23日までに期限が切れる1万3千回分を廃棄する見通しだ。このうち4割に当たる5500回分が昨年の1、2回目接種のために用意したワクチンだった。

 同市は1、2回目の接種が近隣自治体と比べて遅れていたため、昨年9~11月に確保しやすいモデルナ社製専用の集団接種会場を設けた。しかし「モデルナの人気が徐々になくなっていった」(市担当者)ことから、3回目分も含めて大量に余ったという。

 横浜市は、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング