1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 障害者が遠隔接客 分身ロボット操作 平塚の福祉ショップ

障害者が遠隔接客 分身ロボット操作 平塚の福祉ショップ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月17日(火) 05:00

遠隔操作で接客業務に取り組むオリヒメ(左端)=11日、平塚市役所

 肢体不自由などで移動が困難な障害者の就労機会を増やそうと、神奈川県は分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を遠隔操作して在宅で接客業務に携わる事業を、平塚市役所1階の福祉ショップ「ありがとう」で16日からスタートした。共生社会の実現に向けた取り組みで、来年3月末まで実施。県の担当者は「就労支援の位置付け。(障害者が)場所を選ばずに働ける可能性が広がれば」と期待している。

 「いらっしゃいませ」「お会計は180円です」。オリヒメの本格稼働を控えた11日の研修。障害者の手作り商品を販売する同ショップに朗らかな声が響いた。分身ロボットを自宅から遠隔操作したのは、県内在住の女性「みさき」さん。高さ約23センチの小型ロボから発せられた声に買い物客は驚いた様子で、手を振り、会話を楽しむ姿があった。

交流する楽しさ 客側にも

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

障害者支援に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング