1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 秦野市がワクチン4回目接種 5月末、高齢施設入所者から

新型コロナ
秦野市がワクチン4回目接種 5月末、高齢施設入所者から

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月15日(日) 05:30

秦野市役所

 秦野市は13日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を今月末から実施すると発表した。対象は60歳以上と基礎疾患がある18歳以上の市民で、3回目接種から5カ月以上経過している必要がある。

 4回目接種は高齢者施設入所者などで今月下旬からスタート。集団接種は「メタックス体育館はだの」(同市平沢)のサブアリーナで6月30日から、個別接種は各医療機関で7月1日以降に行われる。

 ワクチンは集団接種がモデルナ社製(10~20代男性はファイザー社製)、各医療機関や高齢者施設はファイザー社製となる。

 事前予約制で、接種券は施設入所者に今月下旬、その他の対象者には6月以降に順次発送する。現時点では対象外だが、3回目接種を終えた18歳以上59歳以下の市民全員にも発送する。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング