1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 高座海軍工廠の工場跡リアルに 座間市がVR映像公開

高座海軍工廠の工場跡リアルに 座間市がVR映像公開

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月11日(水) 11:00

 座間市は、太平洋戦争末期の戦争遺跡として市内に残る高座海軍工廠(しょう)の地下工場跡「芹沢地下壕(ごう)」(同市栗原)を紹介した仮想現実(VR)映像の公開を始めた。内部を調査した安藤広道・慶応大学教授が特殊カメラで撮影した写真を活用して制作。あみだくじ状に素掘りされた総延長1・5キロに及ぶ壕内が画面操作で360度見回すことができ、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

遺跡・遺構に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング