1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 箱根暮らしはいかが 町などが移住体験事業、物件の相談も

箱根暮らしはいかが 町などが移住体験事業、物件の相談も

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年5月4日(水) 07:30

箱根町役場

 箱根町と移住経験者らで作る移住支援グループ「ハコネステイル」は、6~11月に開催する移住体験「箱根トライアルステイ」の参加者を募集している。一組2週間の滞在で、定員は10組。8月下旬までに実施される5組分の応募は5月20日まで受け付ける。

 箱根への移住や二拠点生活を検討している人や家族が対象で、古民家を改装した「cotoha」(同町仙石原)で箱根の暮らしを体験する。費用は1組3万円で、滞在中はハコネステイルのメンバーが町を案内し、物件相談などにも応じる。

 町企画課によると、トライアルステイは今年で7回目。新型コロナウイルス禍でのテレワーク推進も伴い首都圏在住の30~40代をはじめ、需要が高まっている。昨年は定員10組に対して約10倍の応募があり、参加者のうち1組が移住を決めた。

 箱根トライアルステイのホームページからアンケートに回答して応募する。応募多数の場合は抽選。問い合わせは同課電話0460(85)9560。

(沢村 成美)

移住に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング