1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 高潮か津波か、縄文の痕跡 藤沢の遺跡で発見の堆積物とは

減災
高潮か津波か、縄文の痕跡 藤沢の遺跡で発見の堆積物とは

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年4月17日(日) 06:30

 藤沢市は16日までに、縄文時代晩期の高潮か津波の痕跡とみられる堆積物を同市片瀬1丁目付近の片瀬宮畑遺跡で確認したと発表した。この時期の同様の痕跡物が発見されたのは県内で初めてという。

 発掘調査は宅地造成に伴い、2021年4~5月に実施。境川に近い標高約3・5メートルの地層で、堆積物に含まれていた炭化物について放射性炭素年代測定を行ったところ、約…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

遺跡に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング