1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. もう聞いた?電話保留音に神奈川県民歌 PR動画にも採用

追う!マイ・カナガワ
もう聞いた?電話保留音に神奈川県民歌 PR動画にも採用

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年3月27日(日) 12:20

県民歌を紹介する「かなかなかぞく」の動画

 神奈川県は23日までに、県民歌「光あらたに」を県庁などの電話の保留音に設定した。県は県民の耳に触れる機会を増やすことで、県民歌の普及を目指す。

 光あらたには1950(昭和25)年に制定されたが、近年は普及の機会が減少。昨年12月の県議会では、県民歌の普及度について伝えた神奈川新聞「追う! マイ・カナガワ」の記事を念頭に、「いまだに県民に普及していないことが不思議だ」と、県に積極的なPRを求める声が上がっていた。今回、県庁本庁舎や新庁舎など8カ所に入る部署の電話の保留音として流れることになった。

 今月1日からは県のPRアニメ「かなかなかぞく」が、県民歌を紹介する動画を県ホームページ内で公開。県民歌のメロディーに乗せて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスや川崎大師、横浜・みなとみらい21(MM21)地区など県内の名所をかなかなかぞくのキャラクターが訪れる内容で、これまでに約4万回再生された。

 県の担当者は「多くの県民に県民歌に触れていただき、県への愛着を持ってほしい」と話している。(川口 肇)


 神奈川新聞社は暮らしの疑問から地域の困り事、行政・企業の不正まで、無料通信アプリLINE(ライン)で読者から寄せられた取材リクエストに幅広く応える「追う! マイ・カナガワ」(略称・マイカナ)に取り組んでいます。

 皆さんの「知りたい」をスタートラインとする新しい報道スタイルです。LINEアカウントで友達登録し、ぜひ情報や記事の感想をお寄せください。

LINEの友だち登録で、取材班とのやりとりができます。

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング