1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 参院選神奈川「野党で3議席」 立民・後藤役員室長が意欲

県内議員キーパーソンに聞く
参院選神奈川「野党で3議席」 立民・後藤役員室長が意欲

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年2月14日(月) 11:40

 立憲民主党の後藤祐一役員室長(衆院神奈川16区)は11日までに、神奈川新聞社のインタビューに応じ、政府・与党への「追及」と「提案」によって政策を実現していくと強調した。夏の参院選神奈川選挙区については「野党勢力で3議席を取ることが大事だ」と意気込みを語った。(聞き手・有吉敏、石川泰大)

党勢拡大への戦略を語る立憲民主党の後藤役員室長=国会内

 ─枝野幸男氏の後任として、泉健太氏が代表に就いた。これまでとの違いは。

 「以前は枝野さんの人気で引っ張っていた、いわば『枝野党』。今は泉代表ら各幹部の長所を生かす『チーム戦』。特に、西村智奈美幹事長は子育て真っただ中。大事なことは夜に決まるという“永田町時間”のようなものがなくなり、党内の雰囲気はだいぶ変わった。課題を挙げるなら、泉代表の知名度。泉代表の気さくな人柄や政策能力の高さを知ってもらえるようにするのも、私の役目だ」

 ─代表の下、どんな点をアピールしていくか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

後藤祐一(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング