1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「開かずの踏切」解消 横浜・相鉄鶴ケ峰駅周辺を地下化へ

「開かずの踏切」解消 横浜・相鉄鶴ケ峰駅周辺を地下化へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2022年1月25日(火) 21:14

「開かずの踏切」として知られる「鶴ケ峰5号踏切」=横浜市旭区(市提供)

 横浜市は25日、「開かずの踏切」による交通渋滞が問題となっている相鉄線鶴ケ峰駅周辺(同市旭区)の連続立体交差事業を都市計画決定したと発表した。同駅前後の線路約2キロメートルを地下化することで踏切10カ所をなくし、鶴ケ峰駅は地下に移転する。

完成は?【下:連続立体交差事業の平面図と縦断図】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

相鉄線に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング