1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 五輪「外交的ボイコット」 日本どう判断、根拠に台湾浮上

五輪「外交的ボイコット」 日本どう判断、根拠に台湾浮上

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年12月10日(金) 20:15

 来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックへの対応で日本の「外交ボイコット」の是非が論じられる中、台湾のWHO(世界保健機関)へのオブザーバー参加を求める参院決議が判断根拠の一つとして浮上した。台湾参加については菅義偉前首相(衆院神奈川2区)が在任中に強く主張し、与野党も全会一致で可決している。

 「新疆ウイグル地区などでの中国の人権侵害へ抗議する」として米国など西側諸国から「外交ボイコット」の表明が続く中、日本は難しい決断を迫られている。それだけに政府与党内では決議を巡り「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

五輪に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング