1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 真鶴町長、2町議に選挙人名簿提供 住民基本台帳も持ち出し

真鶴町長、2町議に選挙人名簿提供 住民基本台帳も持ち出し

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年10月29日(金) 23:00

松本一彦町長(中央)から名簿のコピーを受け取ったことを認めた町議会の岩本克美議長(右)と青木健町議(左)

 真鶴町の松本一彦町長が選挙人名簿抄本を不正にコピーし、町長選で利用などしていた問題を巡り、松本町長は29日の町議会全員協議会で名簿コピーを岩本克美議長と元町長の青木健町議にも提供していたことを明らかにした。

 さらに住民基本台帳の情報約700人分も持ち出され、岩本議長ら9月の町議選の候補者3人に提供されていたことも判明。松本町長は11月4日に辞職する意向を示した。

 松本町長は今月26日の会見で「(町議選候補)1人にしか名簿を渡していない」と説明していたが、この日は両氏への提供を明らかにし、「議長と元町長なので話が大きくなり、迷惑がかかると思った」と弁明した。

議員辞職、2人とも否定

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

選挙に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング