1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 自宅療養者の酸素飽和度、腕時計型端末で管理 真鶴町が全国初

新型コロナ
自宅療養者の酸素飽和度、腕時計型端末で管理 真鶴町が全国初

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年10月14日(木) 08:00

 新型コロナウイルス感染症を巡り、真鶴町は11月から、自宅療養者向けのモニタリングサービスを導入する。患者宅に腕時計型端末とスマートフォンを配布して、血中酸素飽和度の数値を頻繁に共有することで、重症化の早期発見につなげようとするもの。既に試験運用を進めており、全国の市町村単位では初の試みとなる。

 町と町国民健康保険診療所(同町真鶴)を運営する地域医療振興協会、一般財団法人「ファミリーヘルス財団」(東京都)との3者が、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング