1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 米駆逐艦ラルフ・ジョンソン、横須賀配備 ミサイル防衛能力

米駆逐艦ラルフ・ジョンソン、横須賀配備 ミサイル防衛能力

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年10月5日(火) 06:00

米軍横須賀基地

 在日米海軍横須賀基地(横須賀市)に4日、新たに駆逐艦「ラルフ・ジョンソン」が配備され、同基地を事実上の母港とする米海軍艦船は13隻になった。

 米海軍によると、同艦は弾道ミサイル防衛(BMD)能力を備え、6月に同基地を離れた同じアーレイ・バーク級駆逐艦「マスティン」に代わり配備された。

 より新型の艦船への交代が進む同基地では、巡洋艦1隻、駆逐艦7隻の計8隻がBMD能力を有することになった。

米海軍横須賀基地に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング