1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 異端の挑戦(下)諸刃の剣「小石河連合」議員票離れの副作用

自民党総裁選
異端の挑戦(下)諸刃の剣「小石河連合」議員票離れの副作用

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年10月1日(金) 05:00

小泉氏、石破氏と並んで自民党総裁選の必勝を誓う河野氏(中央)=17日、国会内

 「石破(茂)さんや小泉(進次郎)さん、そして皆さんと一緒に、新しい自民党に改革し、ともに前に進んでいく日本の国をつくっていきたい」

 自民党総裁選の告示を翌日に控えた9月16日、東京都内のホテルで開かれた決起集会。公務で欠席した河野太郎行政改革担当相(衆院15区)はビデオメッセージを寄せ、集まった約30人の派閥横断の有志議員にそう訴えた。

 集会を企画したのは「総裁選必勝を期す会」(必勝会)。小泉環境相(11区)と石破元幹事長の「二枚看板」を中心に立ち上げた河野氏を自主的に支援する、いわゆる「勝手連」だ。

「1回目で過半数」不発

 3人の頭文字をとって「小石河連合」。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

自民党総裁選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング