1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 初期消火に市民の力 神奈川・大和市、スタンドパイプ啓発

初期消火に市民の力 神奈川・大和市、スタンドパイプ啓発

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月20日(月) 14:00

大和市が配備に力を入れるスタンドパイプ

 市民自らが初期消火に当たるための資機材「スタンドパイプ」。自治会への導入を始めて8年目を迎えた神奈川県大和市は今月、啓発キャンペーンを行っている。

 市内全域への設置をほぼ終えたものの、新型コロナウイルス禍で訓練が中止になるなど、操作できる市民の確保が課題になっているためだ。

 スタンドパイプは、身近にある消火栓に差し込み、簡単な操作で15メートル先まで放水できる。1995年の阪神大震災で同時多発した火災に消防署・消防団が対応できなかった教訓から、市民が活用する新たな消火資機材として導入された。

 大和市消防本部は2013年度から地域の自主防災会や公園、駅、コンビニ店など537カ所に順次設置。操作は簡単とされているが、特殊な工具を使った消火栓のふたや栓の開閉、ホースの接続に戸惑う市民は少なくないのが実情だ。

「宝の持ち腐れ」にしないため

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

消防に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング