1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 毎号違う題字は児童の力作 海老名市広報紙、応募者が増加

毎号違う題字は児童の力作 海老名市広報紙、応募者が増加

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月19日(日) 11:40

 毎月1日と15日に発行される海老名市の広報紙「広報えびな」。1号ずつ見ていると気付きにくいが、表紙のタイトルロゴ「えびな」は実は毎号、字体が異なっている。自治体広報紙としては異例だが、市内の小学4年生が応募してきた作品を採用しているためだ。すでに来年用の“力作”も多数寄せられており、17日には伊藤文康教育長らが選考を行った。

 広報紙づくりを担当する市シティプロモーション課によると、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

広報紙に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング