1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 森政局と重なる風景、歴史の皮肉:菅の官邸

特別編集委員・有吉 敏
森政局と重なる風景、歴史の皮肉:菅の官邸

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月12日(日) 05:00

 「コイズミ・いちろくさんご・カンテイいり」。首相・菅義偉(衆院神奈川2区)の進退を巡り8月末から今月4日まで、同僚記者と続いた口頭やメールなどでの簡潔なやりとりだ。コイズミは環境相・小泉進次郎(11区)、カンテイは首相官邸である。いちろくさんごは1635で16時35分のこと。24時間制表記で午前と午後の間違いを避けるのだ。解読すれば「小泉が午後4時35分に官邸で総理に会う」との意味である。

 既視感があった。20年ほど前、当時の…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅の官邸に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング