1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 河野氏が出馬表明「ぬくもりある社会を」 原発再稼働は容認

自民党総裁選
河野氏が出馬表明「ぬくもりある社会を」 原発再稼働は容認

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月11日(土) 00:46

自民党総裁選への出馬会見を行った河野行革相=国会内(立石 祐志写す)

 河野太郎行政改革担当相(58)=衆院神奈川15区=は10日、国会内で記者会見し、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への立候補を正式に表明した。岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)に続き3人目。エネルギー政策では、脱原発を持論としてきた河野氏だが、安全が確認された原発の再稼働が現実的だとの認識を示した。

 河野氏は、新型コロナウイルス禍を念頭に「皆さんの思いや不安を受け止め、一緒にこの危機を乗り越え、日本を前に進めたい。人が人に寄り添う、ぬくもりのある社会をつくっていきたい」と訴えた。

森友・加計、再調査は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

自民党総裁選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング