1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県が補正予算案提出 知事「医療崩壊克服へ総力戦」

新型コロナ
神奈川県が補正予算案提出 知事「医療崩壊克服へ総力戦」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月9日(木) 05:30

神奈川県議会(資料写真)

 神奈川県議会第3回定例会が8日、開会した。県は新型コロナウイルス感染症対策費などを盛り込んだ総額1621億9500万円の2021年度一般会計9月補正予算案や県税条例の一部改正案など18議案を提出した。

 会期は12月17日までの101日間。

 黒岩祐治知事は提案説明で「感染者の急増に医療提供体制も追い付かず、救えるはずの命が救えない、いわゆる医療崩壊が現実のものになっている」と言及。「この危機を乗り越えていくためには、あらゆる手だてを講じ、医療機関、事業者、県民とともに総力戦で立ち向かっていかなければならない」と強調した上で、今回の補正予算案について「早急に対応する必要がある事業について措置することとした」と述べた。

 代表質問、一般質問の日程と質問者は次の通り。(敬称略)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

予算案に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング