1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 遅れる計画、膨らむ費用 旧鎌倉図書館の改修、議会の判断は

遅れる計画、膨らむ費用 旧鎌倉図書館の改修、議会の判断は

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月5日(日) 05:30

市が耐震改修工事を目指す旧鎌倉図書館=鎌倉市御成町

 鎌倉市は、1936年建築の旧鎌倉図書館(鎌倉市御成町)を学童保育などで活用するための耐震改修工事の契約議案を、9月8日開会の市議会9月定例会に提出する。

 改修を巡っては、過去に腐食が見つかって工事を中断したほか、設計入札が不調に終わるなどし、計画は大幅に遅れている。

 当初予定から4年遅れで費用も約2億9千万円に膨らんだ議案が可決されれば再着工となるが、市議会では高額費用などを疑問視する声も上がり、判断が注目される。

有形文化財の登録も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

老朽公共施設に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング