1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 電撃退陣の舞台裏(上)盟友落ち、仲間離れ 心折れた首相

電撃退陣の舞台裏(上)盟友落ち、仲間離れ 心折れた首相

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月3日(金) 22:00

 16日で就任1年となる首相の突然の辞任表明の背景に何があったのか。これまでの言動を振り返りながら舞台裏を探る。


落選が確実となり、支持者に頭を下げる小此木氏=8月22日午後8時23分、横浜市中区の事務所

 「僕は大丈夫だけれど菅さんが心配だ」。

 8月22日の横浜市長選で敗れた前国家公安委員長・小此木八郎は真っ先に盟友でもあり兄とも慕う首相・菅義偉(衆院2区)を気遣った。

 八郎の父は菅にとって政治の師である元通産相・小此木彦三郎。秘書として仕えた菅は小此木邸で小学生の八郎らと朝食を囲んだ。

 40年以上の付き合いである。

口数めっきり減り

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング